コラム

エステートワン

2018年10月22日

小松市にUターンしたい方に必見の住宅に関する補助金

小松市では、「住みたい」「住んでよかった」と思える魅力あるまちづくりに向けて、住まいをお探しの方のために、市内の空き家・空き室情報の提供を行っていたり、市外からの転入や、まちなかの定住、3世代同居、近居を支援するための奨励金制度があります。

 

「ようこそ小松奨励金制度」

市の人口増加と定住化により活力あるまちづくりをすすめるため、小松市外の方が、小松市内において、定住を目的とした一戸建ての住宅を新たに建設・取得する場合の奨励金です。

奨励金額は新築・増築は50万円、購入の場合は30万円です。

「まちなか住宅建築奨励金制度」

中心市街地の活性化を目的に、地域交流の担い手となる居住者を増やすため、まちなか区域内に住む方や、まちなか区域内で一戸建ての住宅を取得する方への助成制度です。

購入のみで奨励金額は30万円です。支給加算もあり、若者世帯(購入主の年齢が45歳以下)の場合は一律5万円、市内不動産業者利用の場合は一律10万円です。

「3世代家族住宅建築奨励金制度」

小松市内全域において、子育て世代への子育て環境支援や高齢者世代への安心な住環境を支援するため、3世代家族住宅を新築又は購入する方に対しての奨励金です。

奨励金額は、20万円です。

「こまつ新婚住まい応援金」

小松市では、若者世代の定住促進や経済的な理由で結婚に踏み切れない若者の気持ちを後押しするために、新婚生活スタートアップ支援金事業「こまつ新婚すまい応援金」を設けました。

補助金上限額は30万円です。※婚姻から半年以内に申請が必要です。

「飛行場周辺地区居住環境整備助成金制度」

小松飛行場周辺騒音区域において、一戸建ての住宅を新築し、下記の交付条件を満たす方に対して助成金を交付します。この事業は、防衛省の再編交付金及び再編関連訓練移転等交付金を活用して実施しています。

奨励金の額は10万円~100万円で、条件によって異なります。

 

 

他にも分譲宅地を購入し住宅新築をする方には「住まいる小松奨励金制度」、新築および改修工事において、小松地域産材を建築資材として使用した場合の補助制度などもあります。

 

※各制度は平成31年度3月までで終了となります。予算の範囲内での助成となるので途中で打ち切る可能性があります。