お知らせ

2017年12月08日

中古物件の改装。

いつもお世話になりありがとうございます。

エステート・ワンの樋口です

 

わたくし地元も小松市ですが、小松駅周辺がコマビル時代より更に発展しようとしてます。

コマビル時代はバブルの時代にあたりますので、その終盤しか覚えてませんが(1986年うまれ)子供ながらにワクワクしていたのを思い出します。

小さなお店が散らばっており、小さいながらに味があるんですよね。お小遣いじゃ買えない額なのに生意気にお店をはしごし、はじめて来店するあの好奇心の高鳴りはたまらない快感であります。

さて、小松駅の横(旧大和跡)に立派なビルが建ちました。ホテルと商業スペースが入っているのですが、ホテルのフロントがまあオシャレでしてお抹茶をいただけるスペースまでありました。BOOKカフェも遅くまでしてますし、とうとう小松もスタイリッシュになってきたなと感じます。

 

さて、本題。

中古物件を貸家として貸し出そうという計画があります。

 

最近急増している外国の従業員の方の住居がなかなかない、と。

仕事をしてもらいたいのに住まいがどうもみつからない、と。

そこで工業団地からチャリ圏内の物件を改装するとこになりました。

その物件なのですが、当初解体整地での渡し条件で売りに出していた建物付き土地でして。

まさか解体するはずの家をリフォームして貸家にするとは夢にも思っておりませんでした。

さらに写真はなにも物がない状態ですが、撤去前は生活していたそのままの状態でして物で溢れかえっておりました。

BEFORE

さてどうなったでしょう。

続きはまたあした。

本日もありがとうございます。